社会と共生し、自立した映画文化をつくる=映画インフラ構築

日本映画における製作や資金調達、集客および収益化、教育や人材不足、労働環境、海外展開といった様々な課題に対し、行政の支援や動きのみに頼るのではなく、映画人自らが考え動き、企業や社会との繋がりと共生をもって、解決と発展をしていく「自立した映画文化」を作る。それが我々が提言する映画インフラ(シネマインフラストラクチャ)です。映画を日本の産業として再び確立し、日本映画が世界に誇れる時代を築くための基盤整備を皆様と共に目指します。

組織の目標

社会との共生 映画文化の自立

行政支援のみに頼らない、社会との共生による自立した映画文化をめざします。映画を含む社会を俯瞰視し、映画の今の立場を確認し、これからの映画の道を映画人自らが考え行動できる世の中を作ります。

民間助成の実現

映画関係者による互助の仕組みと、企業との支援とを連携し、民間による映画助成のシステムを作ります。行政では行う事のできない自由度の高い助成の仕組みの構築を目指します。

集客・回収の改善

映画は上映を持って完成であると言う事の認識を広め、映画館と連携して、あらたな層の観客の獲得方法や宣伝方法を模索します。また劇場上映以外の回収方法も課題として考えていきます。

海外への展開

字幕翻訳や海外映画祭での現地プロモーションなどにも積極的に支援し、日本映画の海外出品をフォローします。海外展開を軸としたインフラを構築していきます。

教育の改善

映画制作者が映画のみを学ぶのではなく、人体や社会、芸術の基礎を学ぶ機会を創出し、世界と渡り合える感性をもつ人材の育成を行います。評価の高い演技スクールやワークショップには協会の「推薦」を出し安心して学べる環境と情報を提供していきます。

その他様々な課題

企画開発に対する支援や、労働環境(条件)、人材不足など様々な課題がありますが、企業との連携のもと皆さまと一緒に解決の策を考え、動いていければと思います。ご協力お願いいたします。

互助会員および会費について

支援・助成は会員同士の互助と、企業からの支援により成立します。
個人会員で支援や助成を必要とする場合、あらかじめ会員である必要があります。助成は特例を除き、会員期間6ヶ月以上の会員を対象とします。

※支援や助成には都度審査があります。
※目的が明確でないもの、基準にいたらないものは助成の対象外となります。

一般・個人会員(映画関係者向け)

会費(月額):¥500〜(団体の場合は¥1,000〜/月)
・月1回の勉強会(CINEMA PLANNERS LAB)の参加
・企画持ち込み / 相談可
・映画を広告媒体とした支援企業とのマッチング / 交流会の参加
・協会主催・関連イベントへの優先的参加
・企業からのCM等の仕事紹介(情報提供)

一般・個人会員(役者向け)

会費(月額):¥500〜
・月1回の勉強会(CINEMA PLANNERS LAB)の参加
・交流会の参加
・協会主催・関連イベントへの優先的参加
・諸々相談可
・企業からのCM等の仕事紹介(情報提供)

企業・法人会員(経営者)

会費(月額):¥20,000〜
・映画を広告媒体としたマッチング / 交流会の参加
・協会主催・関連イベントへの優先的参加
・映画関係者によるCMなど映像製作の受注相談
・協会サイト、CINEMA PLANNERS内にロゴ掲載
・協会サイト内に経営者インタビュー記事掲載(希望者のみ)
・協会サイト、CINEMA PLANNERS内に求人掲載が可能

賛助会員(支援者)

会費(月額):¥1,500〜
映画1本分(1,500円/月)の金額からご支援いただく事ができます。
【特典】
・協会支援作品の試写会等ご招待
・交流会への参加
・意見交換会、勉強会への参加
・協会主催・関連イベントへの優先的参加

支援・助成の対象

支援・助成は会員同士の互助と、企業からの支援により成立します。
個人会員で支援や助成を必要とする場合、あらかじめ会員である必要があります。助成は特例を除き、会員期間6ヶ月以上の会員を対象とします。

※助成には審査があります。企画意図、予算計画、助成を必要とする理由など、面談(プレゼン)と提出資料より総合的に判断します。
※また支援・助成の対象者は、使用明細および助成の結果について詳細なレポートの提出を義務とします。(以後の支援・助成に活かされます)

NG例1)× 制作費として → ◯ 出演者の交通費・昼食費として
NG例2)× 宣伝費として → ◯ チラシデザイン・印刷費として

支援・助成例

自由度の高い助成を目指します。下記は現在想定している助成の例です。
※下記内容において必ず助成を受けられるという事ではありません。また下記以外にも提案次第で助成を出す事も可能です。

映画製作の場合
・出演者の交通費 / 食費に関して一部支給
・特殊機材のレンタル、保険代(購入は不可)
・企画開発段階での取材費(交通費) など

役者・出演者の場合
・遠方での出演の旅費交通費
・学生映画出演時の報酬の一部負担 など

上映に関する宣伝広告の場合
・プレスリリース
・チラシデザインや印刷費の負担
(協会指定業者を使用する事が前提) など

映画祭の場合
・プレスリリース
・作品募集のアシスト
・審査員等ゲストの交通費負担 など

海外展開の場合
・字幕翻訳費の負担
(指定翻訳者を使用する事が前提)
・海外プロモーション費の一部負担
・海外渡航費の一部負担 など

組織概要

会社名 一般社団法人 日本映画インフラストラクチャ協会 (二ホンシネマインフラストラクチャキョウカイ)
英語表記 CINEMA INFRASTRICTURE ASSOCIATION OF JAPAN
代表理事 寺井隆敏
株式会社クリエステッチ 代表取締役
シネマプランナーズ 運営代表
所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目28-10 ドルミ第2御苑 802

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル10F 株式会社クリエステッチ内
関連URL シネマプランナーズ(https://cinepu.com

支援・協力企業 / 団体